Top Service

軽自動車は中古が一番|安くて利便性に優れているアイテム

初めて車のオーナーになる

ニーズが変わりつつある

点検

最近では普通車を買うよりも中古の軽自動車のニーズが増えてきています。その理由は様々ですが、一番大きな理由としましては税金が普通車に比べ安いという点が挙げられます。「維持費」とよくいわれますが、これはメンテナンスからガソリン料金、修理、車検などの費用を含めた全ての事を指します。これらの全てが普通車より軽自動車の方が安いのです。中古車販売店に行くとそれほど状態が悪くないものでもお手ごろな値段で売られています。初めて所有する車でそれほど車種にこだわりがない場合に良い選択肢になります。購入する際に注意しておきたいポイントがあります。車を購入する際の判断基準として走行距離がどれくらいあるかを重視する方がおり、値段もそれに比例して安くなったり高くなったりするわけですが、走行距離よりもその車の点検記録簿の有無を確認した方が良いです。点検記録簿とは、車の修理や車検の時に作成されるいわゆる車のカルテのようなものです。最近では取扱説明書の最後のページ辺りにサービス手帳などの名前で付随しているものもあります。つまり点検記録簿を確認することでその車がキチンと整備されてきたのかどうか知ることが出来るのです。中古車でも普段の整備がキチンとされていれば走行距離と車の状態の良し悪しは必ずしも一致しません。それでも車には消耗品が多数存在するので交換は必要ですが、乗り始めてすぐエンジンの調子がおかしくなりオーバーホールをするより格段に安いです。また前述したとおり、部品などは軽自動車用ならそれほど高くはありません。以上の点から考、初めて車のオーナーとなる場合に中古の軽自動車は都合がいいのです。

足回りチェックも重要

電卓

燃費が良く諸経費も安く済む軽自動車は、新車はもちろん中古市場でも人気を集めています。それゆえ台数が多く選びやすいのが魅力ですが、車の状態や装備などを十分確認した上で購入しないと、後から後悔することになってしまいます。中古の軽自動車を選ぶポイントは目的によって異なります。価格重視で車種にこだわらない場合は、なるべく走行距離が少なく、高年式車を選ぶのが基本です。走行距離はエンジンと足回りに大きく影響し、10万キロを越えるとエンジン内部だとタイミングベルトの損傷やエンジンオイルの漏れ、足回りだとサスペンションのへたりやシャフトブーツの破れなどが発生する可能性が高くなります。購入直後に修理に出すようなことが無いように、特にエンジン部分の修理は高額になるのでしっかりと確認しましょう。車種にこだわる場合のポイントも同じですが、これらに加えてシートのへたりや内装のよごれ、モデルやグレードの確認が大切です。どのような使われ方をしていたかは内装を見ればある程度分かりますし、走行距離が出ていないのにシートがへたっている場合は通常ありえない何らかの問題があった可能性が高いです。また、同じ車種でもモデルチェンジ前後でイメージが全く違うことがあることと、グレードによって装備がかなり異なることがあるので確認が大切です。もちろん、事故車では無いこと、メンテナンス手帳が装備されていることなどは軽自動車に限らず中古車選びの大前提ですし、他にも保証の有無やアフターサービスなど確認しなければならないことが沢山あります。まずは実際に中古車屋めぐりやネットで情報を収集して、気に入った軽自動車選びから始るとよいです。

人気の車種の選び方

自動車

昔と比べて車は必需品とはいえなくなりましたが、それでもなお結婚して子供ができると車を購入することを検討する必要が出てきます。なかなか賃金が上がらない世の中にあって高価な車を購入することは難しいケースもありますが、そのなかで高い人気を集めているのが、軽自動車です。日本のような狭い道には小回りの利く軽自動車が適しており、その燃費の良さも相まって多くの人の支持を集めた結果といえるでしょう。この軽自動車をさらに安く購入するためには、中古を狙うと良いでしょう。とはいえ中古であれば何でもよいという訳ではなく、いくつかの点に注意した上で購入する軽自動車を選ぶことが重要です。第一に、事故者は選ばないようにしましょう。単に気分がよくないというだけではなく、車が隠れたダメージを負っている可能性もあるためです。後から欠陥が判明することもあり得ますので、なるべく事故者は避けるに越したことはありません。また、車の年式を必ずチェックしましょう。古いものよりも新しいものの方が当然ながら性能は向上していますし、下取りに出す際も高く評価されます。また、走行距離についても同様に重要です。できればあまり走っていないもの、多くとも3万キロ以下の中古車であれば大きな問題はないと思われます。最後に、できればワンオーナーの中古車にしましょう。過去に複数のオーナーが存在した車は評価が下がるだけでなく、何かあった際の責任の所在もはっきりしない恐れがあります。これらの点を押さえて中古車選びをすると、自分にあった一台に出会えることでしょう。