Top Service

軽自動車は中古が一番|安くて利便性に優れているアイテム

身を守る手段として

安心して運転できる様に

ドライブレコーダー

車を運転するドライバーにとって事故は最も起こしたくない出来事だと思います。最近では危険運転による事故や運転中に携帯電話やスマートフォンを使用して事故を起こすドライバーのニュースが後を絶ちません。優良なドライバーが事故を起こした場合また事故に巻き込まれた時、事故後の処理で身を守る手段として最も有効なのがドライブレコーダーだと思います。ドライブレコーダーとは運転中の映像や音声を自動で録音できる機械の事であり、車のフロントガラスなどに取り付ける事が出来ます。ドライブレコーダーの重要性を最も感じる事が出来るのは、第三者を交えた事故を起こした時や巻き込まれた時にあると思います。ドライブレコーダーは機械なので起こった出来事をそのまま第三者や警察や保険会社に映像として見せて伝える事が出来ます。事故の当事者や目撃者には感情もあり正確にすべての事を伝える事はなかなか難しくなってきます。バスやタクシーなどの公共交通機関の多くではドライブレコーダーを搭載している会社が多く、事故防止の抑止力にもなっているとの報告もあります。自分の車にドライブレコーダーを搭載する事で、迷惑な運転や当て逃げなどのリスクを抑える効果もあるので善良なドライバーにとっては、安心して運転できる強い味方になってくれると考えます。最近ではドライブレコーダーの認知と普及によって金額もだいぶお手頃な物も増えてきましたので、自分の身を守るアイテムとしてドライブレコーダーはお薦めだと思います。

有効活用するべき製品

ドライブレコーダー

ドライブを楽しんでいると、もう少しで事故になったかもしれない状況に出くわした方も数多くいるはずです。もしも、紙一重の経験があるのなら、今後のことを考えて、ドライブレコーダーを有効活用しましょう。この製品はハッキリとした映像として記録が残るため、事故になったときに、証言者の代わりになってくれます。また、事故の記録だけではなく、旅の記録としても使えるため、家族の思い出を保存することができます。そして、ドライブレコーダーは自分だけに役立つのではなく、カメラに写る範囲をすべて記録してくれるため、周りで起きた事故の原因究明にも繋がります。当て逃げやひき逃げなど、凶悪な事件の証拠にもなるので、社会貢献を考えて取り付けるのも良いでしょう。なお、ほとんどのドライブレコーダーは、データの記憶領域がいっぱいになると、以前のものを上書きするという機能を持っています。こちらは、とても便利なシステムなのですが、旅行などの記録に使う場合は邪魔だと感じてしまうでしょう。そのため、できるだけ多くの時間を記録したいなら、容量の大きなドライブレコーダーを導入することをおすすめします。ただし、現在ではSDカードに対応した製品もたくさんあり、そちらの製品であれば記憶媒体を安価で簡単に交換できます。また、事故の瞬間を上書きしない機能を搭載したドライブレコーダーも販売されているため、心配な方はそちらを選択すると安心でしょう。

自動的に撮影可能

駐車場

最近は自動車にドライブレコーダーを取り付けて、運転中の様子を動画撮影している人がとても増えてきています。運転中の動画を残すことによって、万が一にも事故が発生した際に原因を究明したり、証拠を残すことが可能になります。例えば相手側がこちらの信号無視を主張したとしても、動画が残っていれば水掛け論にならずに済むという訳です。ドライブレコーダーは扱いが難しそうなイメージが有りますが、実は全くそんなことはなく誰にでも簡単に使う事が出来ます。ディーラーや自動車用品店などで取り付けさえしてもらえば、基本的には特に操作をしなくてもドライブレコーダーとして機能してくれます。なぜそんなに簡単に扱う事が出来るのかというと、ドライブレコーダーの仕組みがとても便利に作られているからです。まずエンジンをかければ自動的に撮影を開始してくれますので、何も操作をしないでも運転中の動画撮影を行ってくれます。次に撮影した動画はドライブレコーダー内に保存されるのですが、メモリーが満タンになったら古い動画に上書きをするようになっています。つまり普通に運転しているだけでいつでも必要な時に、撮影された動画をドライブレコーダーから取り出す事が可能なのです。ドライブレコーダーは色々なメーカーから多くの性能や、機能が異なる製品が販売されていますので、より自分に合ったものを選ぶことが出来ます。動画撮影だけではなくGPSデータを記録したり、衝撃が加わった際に保存したり、音声を録画できるタイプもあります。